現時点で最強の異名をとる医療保険「はなさく生命」を紹介 保険ランキング上位3社と比較

「医療保険」は病気やケガによる治療費用などに備える民間の保険です。 日本は世界的に見ても、国民健康保険や社会保険など「公的保障」が充実していると言われてきました。 しかし、現在は福祉先進国といわれる北欧のスウェーデンやドイツ、フランスに対し、高齢化率世界一の日本としては、かなり低い水準となっていて、公的医療保険が未整備であるアメリカと同水準となっています。(参考元:厚生労働省「社会保障制度等の国際比較について」(pdf)) 今後、社会保障が充実していけばよいのですが、少子高齢化や政権によっては社会保障が「改悪」されていく可能性もゼロではないと言えます。 あなたや大切な家族の身は「あなた自身」で守っていくことが賢明ではないでしょうか。 終身雇用、年功序列社会から自助努力、自己責任という社会に日本は既にシフトしつつあります。 そのような中で、病気やけがに対する医療保険を現時点で最高水準の商品で安心を手に入れられたらどうでしょうか。 さて、前置きが長くなってしまいましたが、2019年の7月1日、現時点で最高水準を誇る医療保険「はなさく医療」が、はなさく生命から発売されました。 ≪画像元:はなさく生命≫ 目次 はなさく生命とは 失敗しない医療保険を選ぶポイント 医療保険を選ぶ商品内容の重要ポイント はなさく医療の内容 はなさく医療と他社医療保険の内容比較 先進医療の一時金がない(先進医療の技術料のみ給付) 保険料の比較 あなたが何を必要とするかによって変わります はなさく生命とは 日本の生命保険会社大手である日本生命のグループ会社です。 代理店向けの商品を中心として設立された新しい生命保険会社です。 ですから、はなさく医療は日本生命の保険外交員は取り扱うことができません。 また、日本の生命保険会社の代理店向けサブブランド会社としてこれまでにも以下のような会社が設立され、親会社とは異なる志向の商品が販売されてきました。 メディケア生命:2009年10月設立(住友生命グループ) ネオファースト生命:2014年8月損保ジャパンDIY生命を子会社化・11月に社名変更(第一生命グループ) 失敗しない医療保険を選ぶポイント さて、はなさく医療の内容や保険料をお知らせさせていただく前に、まずは医療保険を選ぶうえで大切なポイントを以下に挙げさせていただきます。 医療保険を選ぶ商品内容の重要ポイント ・ 保険料:掛け捨て型の場合は「いかに安いか」が大切です。 …

Read More

自動車保険の等級は「節約」につながる 仕組みや割引の活かし方をプロが教えます。

自動車保険は、自動車を運転する為に必要不可欠なものとなっています。 しかし、事故がなければ毎年、高額な保険料を払い続ける、いわばお守りに似た商品です。 高額なイメージの自動車保険ですが、等級を呼ばれる割引があり、同じ車種でも保険料が大きく違ってきます。 今回は、自動車保険の等級について理解し、毎年の節約につなげられる方法を解説していきます。 目次 自動車保険への加入は必要なのか 保険料の決定と仕組み 分割払いよりも一括払いがお得 セカンドカー割引や等級継承で保険料を節約 自動車保険への加入は必要なのか 自動車保険は、 ・ 必ず加入すべき自賠責保険 ・ 個々で加入する任意保険 2種類に分類されます。 任意で加入する自動車保険は、第三者や物、自分自身、自分の自動車といったあらゆる損害への補償を担うため保険料が一律ではありません。 任意をいう観点から加入していないという人もいます。 しかし、事故があった時の補償を個人負担することを考えれば、任意保険への加入は自動車を運転するものにとって必須です。 保険料の決定と仕組み 初めて自動車保険に加入する時の等級は、6等級からスタートします。 基本は、1年更新で事故がなければ1等級あがります。 この繰り返しで、最高20等級まで割引が設定されています(一部の保険には22等級まであります。)。 それでは、事故のない状態での等級別の割引を一部挙げていきます。(令和元年12月現在) ・ 6等級:19%割引・ 10等級:45%割引・ 15等級:51%割引・ 20等級:63%割引 6等級から10等級の割引になるまでに4年、6等級から20等級になるまでには19年保険を使わないことが条件です。 …

Read More

バイク乗りで「バイク保険」未加入は命とり! その理由と「自賠責保険」の補償との違いを解説

現在バイクに乗られている方は、バイク保険にきちんと加入されていますか。 バイク保険はとても必要性の高い保険です。 バイク保険に加入していないと、事故を起こした場合に、巨額の損害賠償を負って生活が破綻してしまう可能性もあります。 「自賠責保険に入っていれば大丈夫だろう」 「バイク保険には入った方がいいのかな」 このように考えている方のために、今回は、バイク保険の必要性と仕組みについて簡単に解説していきます。 目次 バイク保険とは、バイクでの事故に備える保険 バイク乗りにバイク保険が必須である理由 バイク保険の補償内容は自動車保険とほぼ同じ バイク保険の車両保険は補償範囲を要確認 自賠責保険だけでは備えられない バイク保険とは、バイクでの事故に備える保険 バイク保険とは、バイクに乗っている最中に事故に遭った場合、相手に対して負った損害賠償や自分が負ったケガや後遺障害、自分のバイクの修理費用などを補償してくれる保険です。 バイク保険は任意保険ですので、加入が強制である自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは違って、加入するかどうかは自由です。 基本的には自動車保険と同じような保険だと考えると分かりやすいです。 バイク乗りにバイク保険が必須である理由 バイクに乗る人にとってバイク保険が必須である理由は、強制加入の自賠責保険だけでは補償が不十分だからです。 自賠責保険の補償範囲は、事故相手の死亡や後遺障害、ケガなどに限られており、保険金額も最高で4,000万円まで です。 バイクで事故を起こした場合、数千万円~数億円の損害賠償を負う可能性があるだけでなく、相手の物を壊した場合の補償もありません。 また、バイクは転倒しやすいだけでなく、自分を守るものはヘルメットとプロテクターのみですので、自動車と比較しても事故によってケガや後遺障害を負いやすい乗り物です。 しかし自賠責保険には、自分が負ったケガや後遺障害は補償されません。 バイク保険に加入していれば、 相手の身体や物に対する補償額が無制限にできるだけでなく、自分のケガや後遺障害にも備えられる ため安心です。 それにもかかわらず、バイク保険に加入している人は、全体の4割ほどです。 自動車保険に加入している人が、全体の約8割以上であることを考えると、非常に低い加入率です。 ※出典:損害保険料率算出機構 自動車保険の概況(2018年版より) バイク保険の補償内容は自動車保険とほぼ同じ …

Read More

【医療保険の先進医療特約】「終身タイプ」or「10年更新タイプ」どちらを選ぶ? 特徴と注意点を解説

最近の医療保険に加入する際は、必ずと言っていいほど「先進医療特約」をセットにして検討されることが多いでしょう。 先進医療とは厚生労働省が認めている最先端の治療です。 健康保険が適用とならず全額が自己負担となってしまうため、どこの保険会社も「かかった技術代を特約から1,000万円、2,000万円まで保障します」というようにして医療保険にセットで販売しています。 一見、どこも同じような保障内容に感じますが、実は先進医療特約は保険会社によって大きく2つのタイプに分かれています。 目次 先進医療特約の2つのタイプ 「更新タイプ」は保険料が不利になるのか 「更新タイプ」は保障内容が改悪されるのか 「終身タイプ」の先進医療の方がよい3つの理由 先進医療特約は医療保険選びの材料の1つ 先進医療特約の2つのタイプ 先進医療特約は大きく「終身タイプ」と「更新タイプ」の2つに分けられます。 (1) 「終身タイプ」:その名の通り、保険の契約期間中に特約の更新がありません (2) 「更新タイプ」:主契約の医療保障が更新のない終身契約だったとしても、10年ごとに更新が入ります。 「更新タイプ」は保険料が不利になるのか 保険の仕組みに詳しい方であれば、更新型の先進医療特約なら10年後の更新時に年齢を重ねた分、保険料が上がってしまうのではないかと心配されて、「終身タイプ」の先進医療の方がよいのではないかと考えるかもしれません。 しかし、後に年間の実施件数なども紹介しますが、先進医療自体は皆さんが思っている程あまり利用しないものです。 実は先進医療特約は加入する年齢によって保険料はそこまで変わらず、何歳でも月に100円程度で加入することができます。 【アフラックの場合の年齢別の先進医療特約の保険料】30歳:103円40歳:106円50歳:113円 ≪画像元:Aflac Life Insurance Japan≫ また、特約ではありませんが、SOMPOひまわり生命は、先進医療だけの保障がメインの先進医療保険「リンククロス コインズ」を出しています。 こちらは年齢も性別も関係なく保険料は一定です。 ≪画像元:SOMPOひまわり生命保険≫ ということで、先進医療の保険料への年齢による影響は今のところはそこまでありません。 …

Read More

家に車が2台以上あるなら自動車保険はミニフリート契約で節約できる

最近では、自動車は1家に1台ではなく、家族ひとりに1台というケースも少なくありません。 お正月が過ぎると、教習所には多くの若者が免許取得のためにやってきて、春には初心者マークを貼った自動車の台数が増えます。 自動車本体の他に自動車保険にお金がかかりますが、何かと出費の多い春なので、できるだけ安く抑えたいものです。 そこで、今回は個人の自動車保険を一括りにできるミニフリート契約を利用して保険料を節約する方法をご紹介していきます。 目次 フリート契約とは 個人向けのフリート契約ともいえるミニフリートとは ミニフリート契約の割引はどれだけある? 月払いでも保険料が年払いと同じ ミニフリート契約で注意しておく点とは 条件やメリットを把握しておけば断然お得なミニフリート契約 フリート契約とは 自動車保険には、ノンフリートとフリートの2種類があり、それぞれ保険料が違ってきます。 自動車保険はノンフリート契約が前提ですが、10台以上自動車を保有していれば、ノンフリート契約の対象です。 ただ、10台以上保有しているのは法人または個人事業主が大半で、個人ではほとんどフリートというワードを聞くことはありません。 フリート契約とは、自動車保険を一括りで契約することによって、割引を高くする契約のことです。 最大で70%の割引があり、全ての自動車に適用されますが、条件がいくつかあります。 ・ 自動車の保有台数10台以上 ・ 車両使用者の名義が同じ ・ 保険料引落口座が同じ これらをクリアして保険会社の審査が通れば、フリート契約が可能です。 個人向けのフリート契約ともいえるミニフリートとは 保険料が安くなるフリート契約ですが、自動車を10台以上、保有している家庭はほぼありません。 多くても4〜5台といったところですが、この4〜5台が家計を大きく圧迫させます。 そこで、各保険会社では、個人向けのフリート契約として【ミニフリート契約】という方式を取り入れました。 ミニフリート契約の割引はどれだけある? ミニフリート契約は、同一世帯で保有している自動車が2台以上で加入でき、台数によって割引率が変わります。 …

Read More

【自動車保険】子ども(20歳以下)が運転デビュー 保険料を節約する方法はコレ

春先になると、自動車教習所の自動車をよく見かけるようになります。 新年度に向けて、進学や就職に必須アイテムの運転免許証ですが、めでたく取得できてもそれまでの費用は決して安いものでありません。 取得後は、自動車の購入や自動車保険など、また費用がかかります。 今回は、なにかとお金のかかる自動車関連の費用から、少しでも節約できる自動車保険の掛け方について解説していきます。 目次 新規での加入は高額 家族で自動車保険を譲渡することで節約になる 期間限定の運転であればちょい乗り保険をかける 自動車保険を譲渡する際の注意点 自動車保険の特性をいかしてうまく節約をする 新規での加入は高額 自動車保険は、若者に対して金額設定が厳しい傾向があります。 一般的な年齢の区切りは、下記の通りです。 ・ 年齢問わず・ 21歳以上・ 26歳以上・ 35歳以上 初めて免許を取得しても、年齢差で保険料は違います。 小型普通自動車に、車両保険70万(車対車+A)本人限定を付けた場合の保険料を挙げてみました。 【一時払い・6S等級】 年齢問わずの場合:38万7,180円35歳以上の場合:15万140円 その差は、なんと20万円です。 車両保険をつけなかったとしても10万円は違ってきます。 家族で自動車保険を譲渡することで節約になる 若い人にとって、大変厳しい保険料の自動車保険ですが、やはり若者に対する事故のリスクは否めません。 しかし、自動車保険は譲渡することが可能です。 同居の親族間という規定はありますが、今加入している自動車保険を有効活用することで、保険料を抑えられます。 先程の小型普通自動車で、親が16等級で加入している自動車保険を18歳の子どもに譲渡した場合、18万4,330円です。 新規での加入であれば、38万7,180円なのでその差は、20万2,850円です。 …

Read More

生命保険は「死亡時の保険金」だけじゃない 活用次第で受け取りの増額もある「9つの機能」

一般的に生命保険とは、被保険者が病気や事故などで亡くなった場合に死亡保険金が受取人に支払われる保険です。 実は生命保険は、被保険者の死亡時以外にも活用できる9つの機能を持っているのです。 有効に活用できる機能がせっかくあるのに使う術を知らないのは、iPhoneを持っているのに電話しかしないようなもので、大変にもったいないことです。 今回は一般的にはあまり知られていない、生命保険のさまざまな機能についてお話しさせていただきます。 目次 生命保険の9つの機能 1. 高度障害 2. 解約・減額 解約 減額 3. 年金 4. 払い済み保険 5. 延長保険 6. 変換(コンバージョン) 7. 契約者貸付(けいやくしゃかしつけ) 8. 自動振替貸付(じどうふりかえかしつけ) 9. 転換(てんかん) 9つの機能はいつどのように活用するかが重要 生命保険の9つの機能 商品によっても異なりますが、生命保険には「死亡時に保険金が支払われる」こと以外にも、次のような9つの機能があります。 1. …

Read More

「自動車保険」は特約部分にこそメリットあり。「少ない出費で大きな補償」を得られる「2つの特約」

自動車保険は任意加入ですが、最近では加入することがユーザーの義務となりつつあります。 補償内容はしっかり確認しつつも、特約部分に関しては「保険料の節約ポイント」ととらえて注意していない契約者の方は意外と多いものです。 しかし、この特約部分こそが契約者にとって大きなメリットとなり、節約にもつながる場合があるのです。 今回は、節約につながる特約について解説していきます。 目次 自動車保険の特約とは 1. 手厚い補償で節約できる「個人賠償責任特約」 筆者の実体験 2. いざという時に助かる「ロードアシスト特約」 自動車保険は特約に着目して契約する 自動車保険の特約とは 自動車保険は、自動車事故で受けた損害を自賠責保険で賄えない場合に損害を補填するための商品です。 自動車保険には主軸になる補償があり、この補償を「基本補償」といいます。 基本補償は、保険会社によって内容に違いがあります。 各保険会社は、基本補償を手厚く補償するためのオプションとして「特約」という補償を構えているのです。 よく耳にする特約を挙げていきます。 ・ ファミリーバイク特約(人身型) ・ ファミリーバイク特約(自損型) ・ 弁護士費用特約 ・ 個人賠償責任特約 ・ ロードアシスト特約 ・ 事故・故障時代車費用特約 …

Read More

【自動車保険】「使用目的」で保険料が変わる 「料金の比較」と「正しい解釈」

自動車の維持費は税金に始まり、メンテナンスや保険など、年間を通してかなりの費用が必要です。 自動車は便利なものではありますが、家計を圧迫しては意味がありません。 しかし、税金や車検費用を節約するのは難しく、どこから抑えてよいのかわからない人も多いのではないでしょうか。 自動車保険は比較的節約しやすい維持費といえますが、補償範囲を削ると不安要素が残ります。 自動車保険を見直すポイントとして挙げられるのが、自動車の使用目的です。 今回は、自動車の使用目的のどこを見直せば、保険料の節約に繋がるのかを解説していきます。 目次 自動車保険における「自動車の使用目的」とは 意味を誤解しやすい「日常・レジャー使用」 「日常・レジャー使用」の目安 使用状態の基準 「日常・レジャー使用」で保険料は安くなるのか 使用目的で保険料を比較 実際の使用目的と異なる申告にはペナルティも 「申告内容」も代理店任せにしない 自動車保険における「自動車の使用目的」とは 普段、何気なく使っている自動車ですが、どのような目的で使っているのかは人それぞれです。 ・ 通勤や通学に使用している ・ 仕事で使用している ・ 休日に家族で出かけるために使用している 自動車の使い方次第で、走行距離や乗車時間は大きく変わってきます。 自動車保険における「自動車の使用目的」は、こうした使用頻度によって次の3つに分類されるのです。 (1) 業務使用(2) 通勤・通学使用(3) 日常・レジャー使用 この中で注意しておかなればならないのが、(3)の日常・レジャー使用です。 …

Read More